神前結婚式について

当社では桧の薫る神殿にて、伝統的な様式の挙式を御奉仕致します。日本の伝統美を感じ、華やかさと厳粛さを兼ね備えた神前結婚式の流れをご紹介します。

神前結婚式の流れ

  • 修祓の儀

    1修祓の儀(しゅばつのぎ)

    式に先立ち皆様を清めます※雨天時は御社殿内

  • 参進の儀

    2参進の儀(さんしんのぎ)

    神職の前導により御社殿にご案内します

  • 斎主一拝

    3斎主一拝(さいしゅいっぱい)

    式の始まりにあたり神様に一礼します

  • 献饌の儀

    4献饌の儀(けんせんのぎ)

    神前に授与品、供物を献じます

  • 祝詞奏上

    5祝詞奏上(のりとそうじょう)

    神様に二人の結婚を報告します

  • 三三九度の盃

    6三三九度の盃

    夫婦固めの盃です

  • 指輪交換の儀

    7指輪交換の儀

    新郎新婦が指輪を交換します

  • 神楽「浦安の舞」

    8神楽「浦安の舞」

    御神前に神楽を奉奏します

  • 誓詞奏上

    9誓詞奏上 (せいしそうじょう)

    新郎新婦が神様に誓いの詞を述べます

  • 玉串拝礼

    10玉串拝礼(たまぐしはいれい)

    新郎新婦と両家両親が御神前に玉串を捧げ拝礼します

  • 親族固めの盃

    11親族固めの盃

    御神酒をもって親族が固めの杯を交わします

  • 親族名乗りの儀

    12親族名乗りの儀

    新たな家族として名乗る儀式です

  • 撤饌の儀

    13撤饌の儀(てっせんのぎ)

    献じた授与品、供物を撤します

  • 斎主一拝

    14斎主一拝(さいしゅいっぱい)

    式の納めにあたり神様に一礼します

  • 記念撮影

    15記念撮影

    挙式終了後、ご希望により境内での撮影も可能です(オプション)

ページTOP